2005年02月28日

「たばこ」について考える。(2)

 昨日に続いて、「たばこ」のお話です。

昨日、「禁煙をした」と書きましたが、私なりの「極意」を発見(?)しましたので、

今日はそれを披露したいと思います。

是非、皆さんも試してみて下さいね。

それでは、「禁煙5ケ条の極意」の始まり、始まりーーー!


  一、止めたいと強く思うこと。  (これは初めの一歩です)

  二、止めるということを、公表、公言すること。  (有言実行あるのみデス!)

  三、成功・失敗を、「何か」と絡めること。  (誘惑を上回る「動機」が必要)

     罰金、報奨金、約束、プライド、恥・・・あなたなりの「何か」を考えて下さい。

  四、吸いたくなったら、身体や脳に「ちょっとの間のお許し」を乞うこと。

  五、お茶とか、飴とか、ガムとか、口寂しさを紛らわせる「代替品」を用意すること。


以上ですが、「なぁ〜んだ!」でしょうね(笑)


でも、ホントの極意は、「禁煙と対立、対峙しない」

ということなんです。

ほら、手術しないで「ガン」を治す、という、あの方法ですよ!

逃げて、謝って、気を紛らわせて、・・・何とか「たばこ」の誘惑をかわしながら、

・・・時間を稼いでいく。

   ・・・「もうちょっと!」

      ・・・「もうちょっと!」

         ・・・「ここまで頑張ったんだから、もうちょっと!」
 

そうこうしている内に、段々「誘惑」も感じなくなっていく・・・。

一年後、そこには「紫煙」に顔をしかめるあなたがいるはずですよ。(笑)




posted by 革新社長 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・趣味・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

「たばこ」について考える。(1)

 今日から、「たばこ規制条約」が発効した、とニュースで言っていました。

日本を含む50ケ国以上の国が、批准したんだそうです。

内容は、公共の場所で「たばこ」の煙にさらされないようにする受動喫煙対策や、

広告の規制、禁煙指導、未成年者が自動販売機で「たばこ」を買えないようにする

措置などが柱になっているそうです。

「たばこ」に対して、世界中が目の敵にしているみたいですね。


 実は私も2年前までは、会社の中でもトップクラスの愛煙家でした。

それがあるきっかけで、16人の仲間(=同志)と共に禁煙に踏み切りました。

それが今も続いています。   ・・・やればできるんですね。(笑)


 当社は、2002年12月、ISO14001(環境)と、9001(品質)の認証を

取得しました。これには、社員も全員、頑張ってくれました。

だから、それを記念して、社員に「取得協力金」を支払うことにしたんです。

 ジャーン、名付けて「環境クリーン奨励金」!

《今後一年間、「たばこ」を吸わない》と宣言した人に、6万円贈呈!

愛煙家34名中、19名が挙手をしました。

残念ながら、2名が降参しましたが、残った17名と、初めから吸っていなかった

66名の合計83名が、「奨励金」をゲット!   ・・・しかも「現金」で!

 会社も大金(!?)を出費しましたが、社員の健康のことを考えれば、決して

高くはなかった、と思っています。   (・・・チョット強がり!・・・)

 でも、残りの17名のことを考えて、又やろうかな?・・・とも思っています。

「同志になりたい」という声が聞こえてくるといいんですがね(笑)


 「たばこ規制条約」  http://plaza.umin.ac.jp/~harasho/nsmk/fctc/

    当社        http://www.ess.co.jp/
posted by 革新社長 at 21:00| Comment(4) | TrackBack(2) | 健康・趣味・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

「お客様満足」ってな〜に?

 この前、郵便局の配達のことを書きましたが、新聞の投書欄に、

同じようなことが書かれていたので、思わず笑っちゃいました。(失礼)

本当は笑うことじゃないんですけどね。

 投書は、熱海市の45歳の主婦の方からで、

「納得がいかぬ小包行方不明」という題です。

投書の内容は、

「届くはずの小包が、いつまでも届かないので、郵便局に問い合わせた処、

定型外の郵送だと、保障もされず、捜索も難しいとのこと。

一応、捜索はするが、その期間が1ケ月はかかるとのこと。

もう1ケ月になるが、途中の経過報告もなく、あきらめるしかないのでしょうか?」

といった内容です。


普通の民間の会社だったら、とても考えられないし、許されませんよねぇ。

「私の会社だったらどういう仕組みにするだろう?」

「どういう指示を出すだろう?」


と思わず考えちゃいました。

でも、現実は「こういうこと」があるんですよねぇ。


posted by 革新社長 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様満足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

「日本経営品質賞」について(2)

 昨日、今日と「日本経営品質賞」の報告会に参加してきました。

千葉ゼロックスの山内社長さんに真っ先にお会いして、固い握手と、

心から「おめでとうございました」と言うことができました。


それにしても、会場は異様な熱気に包まれていましたね。

900名を超える第一線企業の人たちが、一同に会して、

「経営品質とは何か」、「その向上にどのように取組むべきか」、

等々について、真剣に聞き入っておりました。

 今の時代ほど、「CS(お客様満足)」や「CSR(企業の社会的責任)」が、

必要とされる時代はないんでしょうね!


 渡された、報告書のレジュメは、273ページ、厚さ1.5センチの代物です。

その報告書に従って、2日間に亘って報告や質疑があったのですが、

居眠りしている人もほとんどなく、皆さんの目が輝いているのが印象的でした。


今年度受賞された2社の活動内容は、もちろん素晴らしいものでしたが、

それと同時に、過去3年間に受賞された6社の、その後の継続的な

「経営品質」向上への取組みにも、頭が下がりました。

ホント、皆さん、素晴らしい経営をなさっていますね。

素晴らしいリーダーシップを発揮されていますね。


 私もお話を聞いている中で、見習うべき点が一杯ありましたし、

いくつかの「気付き」や「ヒント」を得ることができました。

今後、これらをどのように、当社の活動の中に取入れて行こうかと

考えるとワクワクしますね。


  ・・・でも、社員は「又か!」と言って、顔をしかめるかな?(笑)


何にしても、実りの多い「報告会」でした。

参加されました皆さん、お疲れさまでした。


過去3年間に受賞された6社

   NECフィールディング株式会社
http://www.jqac.com/WebSite.nsf/(All)/CEB5007F84A6953449256DE000316A89?OpenDocument

   トヨタビスタ高知株式会社
http://www.jqac.com/WEBSite.nsf/(All)/4AD1A6FBBD8F1EC449256C710076FB87?open
 
   カルソニックハリソン株式会社
http://www.jqac.com/WEBSite.nsf/(All)/49C2CC0EA9629C3949256C710076EEF9?open

   パイオニア株式会社モーバイルエンタテインメントカンパニー
http://www.jqac.com/WEBSite.nsf/(All)/BFAD05F207E5704749256C710076E012?open

   セイコーエプソン株式会社情報画像事業本部
http://www.jqac.com/Website.nsf/(All)/B26492B5667D748549256B05000D27A8?OpenDocument

   第一生命保険相互会社
http://www.jqac.com/Website.nsf/(All)/7AA414343AFD62C249256B05000D135B?OpenDocument




posted by 革新社長 at 20:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 経営品質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

「日本経営品質賞(JQA)」について(1)

 今日、明日は久し振りの東京出張です。

2004年度の、「日本経営品質賞(JQA)」の報告会に参加するためです。

この「日本経営品質賞」というのは、ご承知の方も多いと思われますが、

少しだけ、概要だけを紹介しますね

    ・・・難しい言葉が多いです。ごめんなさい。・・・


これは、顧客視点から経営全体を運営し、自己革新を通じて新しい価値を

創出し続けることのできる「卓越した経営品質の仕組み」を有する企業を、

表彰
しているものです。

1995年に、(財)社会経済生産性本部が、アメリカでは大統領が表彰する、

「マルコムボルドリッジ賞(MB賞)」を参考に創設しました。

8つの領域からなるアセスメント基準書により3段階の審査を行い、受賞企業を

決定しているそうです。。 (詳しくは、下記ホームページでご覧下さい)


今年は、大規模部門(社員300人以上)が、千葉ゼロックス株式会社

中小規模部門が、株式会社ホンダクリオ新神奈川が受賞されました。

地方自治体部門もあるんですが、受賞自治体はなかったみたいですね。


実は、当社は千葉ゼロックスさんとは、大変、懇意にさせてもらっています。

何度か会社にもお邪魔し、山内社長さんには、お客様向けと、社員向けと、

2度も講演をお願いしたりしています。

その山内さんが受賞されましたので、自分のことのように嬉しいですね。

今日、会えるのがとても、とても、楽しみです。


この結果は明日、報告しますね。



    「日本経営品質賞(JQA)」    http://www.jqac.com/ 

    千葉ゼロックス株式会社    http://www.jqac.com/WebSite.nsf/(All)/2031FD7F37A9D38F49256F4C007EDF5E?OpenDocument

    株式会社ホンダクリオ新神奈川 http://www.jqac.com/WebSite.nsf/(All)/80A860A11B62363A49256F4C007EFCAC?OpenDocument

      当社           http://www.ess.co.jp/
               
posted by 革新社長 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営品質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

今年はどうなる?・・・四字熟語編

 私の住んでいる浜松市は「モノ作りの町」と言われています。

確かに、HONDASUZUKIYAMAHAKAWAI など、

世界的に有名な企業が数多くあります。

いずれも技術系の会社です。

なぜか、これらの会社は「創業者さんの苗字」が会社名になっています。

小さな町工場から、たたき上げで、大きくされたんでしょうね。

その歴史を思うと、とても親しみを感じます。

最近、浜松ホトニクスも「ノーベル賞」で有名になりましたね。

 昨日、ある会合で、その中の一つ、スズキ株式会社の

「津田社長」さんのお話を聞く機会を得ました。

「今年はどうなる?どうする?」というテーマで、親しくお話をしてくれました。

その中で、「2005年 四文字熟語で語る方向性」が、

とても面白かったので、紹介させていただきます。


  ・ 弱肉強食の世の中で

  ・ 前途多難な状況に

  ・ 暗中模索を繰り返し

  ・ 一喜一憂の日々過ごし

  ・ 悪戦苦闘の連続で

  ・ 一進一退しながらも

  ・ 疲労困憊に陥らず     
       
  ・ 無我夢中の中で
    
  ・ 心機一転さわやかに  

  ・ 優勝劣敗を肝に銘じ

  ・ 無病息災を願いつつ 


                  (一部修正させていただいております)

懇親会の席上、私の「ブログ」への掲載を、快くご了解していただきました。

 ・・・お忙しい中で考えられたそうですが、「思い」がとても伝わってきますね。


それに比べて、私は、「五里霧中」の中、

「東奔西走」「朝令暮改」を繰り返しております。

願わくば、「天衣無縫」「大器晩成」がいいですね、ハイ!(笑)


   浜松市      http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/index.htm

   HONDA    http://www.honda.co.jp/

   SUZUKI   http://www.suzuki.co.jp/

   YAMAHA   http://www.yamaha.co.jp/

            http://www.yamaha-motor.co.jp/

   KAWAI    http://www.kawai.co.jp/

   浜松ホトニクス  http://www.hpk.co.jp/
posted by 革新社長 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | すばらしい人・企業・事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

「マネジメント・レビュー」って何?(2)

 昨日の続きです。

「マネジメント・レビュー」には、最後に「社長の決定事項」があります。

経営の最高責任者として、社長の決断が必要なんでしょうね。

それぞれについて、

    改善の実施や有効性の確保について、又、

    経営資源の投入や、方針の見直しの必要性等について

議論し、判断し、必要な指示を出すことが求められています。



私も、それなりに判断して、必要な指示を出すようにしていますが、

それが、本当に最善・最適かの自信は、正直、ありませんね。(笑)


  ・・・ このようなことを、毎月、繰り返しています。


「マネジメント・レビュー」は毎月実施すべし、とは規定されておりませんので、

半年毎や、1年毎にやっても構わないわけですが、

当社では、必要だと思って毎月やっています。


ホントにそれで効果が出るの?と思われる方もおられるかもしれませんが、

できるだけ、現場の実態が、この会議に映しだされることが重要だ、

と思って実行しています。   一歩、一歩の前進ですよね!


皆さんの会社ではどうですかー?


      当社    http://www.ess.co.jp/
posted by 革新社長 at 05:15| Comment(3) | TrackBack(0) | ISO・情報セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

「マネジメント・レビュー」って何?(1)

 今日、当社「部長会」がありました。

これは、当社では「役員会」に次ぐ、重要な意思決定機関で、

毎月1回、開催しています。

最近は、本来の「部長会」の議題が終わってから、

4つの「マネジメント・レビュー」を実施するようになりました。

だから、結構、時間がかかっていますね。


少し、紹介しますと、4つの「マネジメント・レビュー」とは、

    (1)ISO 9001(品質)

    (2)ISO14001(環境) 

    (3)ISMS(情報セキュリティ・マネジメント)

    (4)CP(個人情報保護のためのコンプライアンス・プログラム)


について、それぞれ、

 (A)お客様や、内部(監査)から、何か苦情や提言がないか?

 (B)予防措置や是正措置の実施状況はどうか、問題点はないか?

 (C)前回のマネジメント・レビューについて、フォローアップができているか?

 (D)それぞれに影響を及ぼす経営環境やサービス・設備に変更はないか?

 (E)それぞれの目標の進捗状況や改善状況はどうか?


等について、各部長から意見を聞き、何をすべきかを論議をしています。

    ・・・少し、難しい言葉が多すぎますね(苦笑)

    そして、これらは「輸入もん」(失礼)で、時間も経っていないので、

    まだ日本のものとして、こなされていない感じがしますね。

    だから、直訳の言葉も多く、とても、なじみづらいです。

    日本のISO自体に改善の余地あり!ですね。

    マネジメント・レビューは誰がやっているのかなぁ?(笑)


話が脇道にそれてしまいましたね。

続きは明日にしま〜す。

      
     当社      http://www.ess.co.jp/

ISO 9001(品質) http://www.ess.co.jp/quality/iso9001.html

ISO14001(環境) http://www.ess.co.jp/quality/iso14001.html

ISMS         http://www.ess.co.jp/quality/ismsbs7799.html

CP           http://www.ess.co.jp/quality/personaldata.html
posted by 革新社長 at 22:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ISO・情報セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

「サービス宣言」っていいですね。(3)

 今朝の朝刊に、「郵政民営化」についての「チラシ」が入っていました。

テレビでも言っていましたが、1500万部(?)も作って、全戸に配布したんだそうです。

今、その「チラシ」を手にして、

竹中大臣とテリー伊藤さんが、対談形式でお話をされている内容よりも、

「これには、すごいお金が掛かってんだろうなー」という方に感心しています。(笑)


「郵政民営化」については、色々と、ご意見や思惑がおありでしょうが、

私にも郵便局に、一つだけ、感じることがあります。

それは、「郵便」や「Uパック」の配達に関することです。


経費削減のため、下請け業者さんを使っているんでしょうね、

配達する「人」や「システム」のレベルが、他社と比べて低いように感じられます。

まだ、言葉遣いや態度が「配達してやる」って感じの人、いません?

少なくても、お客様に不愉快な感じを与えないような「社員教育」、してます?

人にもよるんでしょうが、気分の悪い人が一人でもいると、

会社全体がそのように見られてしまうんですよね。


この際、お客様との接点のある業務に関して、

「お客様満足をいただくサービスとはどんなことか」

を、みんなで(外注さんも含めて)討論をされたらどうですか?

民間業者さんを研究されると、色々いい案がうかぶと思いますよ。

これを「サービス宣言」として、我々にも公表していただければ、

それに向かってみんなで努力して、結果として、

サービスの品質も向上するんじゃないですかねー?

そうなれば、我々ももっと郵便局に親しみを感じるようになって、

「商売繁盛」にもつながりますよね。


でも、これって、どこの会社にも当てはまりますね・・・(笑)

posted by 革新社長 at 06:56| Comment(2) | TrackBack(0) | お客様満足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

「サービス宣言」っていいですね。(2)

昨日、書いたゴルフ場に、早速、行ってきました。

風が強く、曇り空で時折小雨、という悪コンディションの中で、

しかも、今年、初めての本番!ということもあって、緊張の一日でした。

結果的には、スコアは 43・47=90 と目標を5打ほどオーバーしましたが、

ロングパットが3つも入ってくれて、気持ちよく、ゴルフは終わることができました。


ゴルフは・・・の裏には、もちろん、「サービス向上宣言」の実施状況の確認という

興味ある仕事(?)があったからです。

果たして、会報に書いてあったように、自分たちの宣言通りにできているかどうか・・・

       ・・・意地悪ばあさんの心境ですね。(笑)・・・


結果は、・・・残念ながら、・・・僕の期待していた程ではありませんでした。


このゴルフ場は、どちらかと言うと、挨拶や礼儀はよくできている方だと普段から

思っていましたので、どれ位、レベルが上がっているのか、興味津々でしたが・・・


年配のキャディさんに、それとなく、

「サービス向上宣言、やってるの?」と聞いてみると、

「やってるつもりなんだけどねぇ・・・」という心もとないお返事!


そうなんですよね!

「やってるつもり」を「できている!」に変えるのが、「品質向上」なんですよね。

そして、こういうことって<言えば直ぐにできる>わけでもありませんから、

継続的に、根気よく、時間をかけて、少しづつ、積み上げていくんですよね!



でも、浴場の係りのおじさんの「おつかれ様でした!」の大きな笑顔の挨拶が、

とても印象的でした。直ぐに、できる人もいるんだなぁ(笑)



posted by 革新社長 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様満足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

「サービス宣言」っていいですね。(1)

 昨日、私の所属しているゴルフ場から、「会報」が送られてきました。

私も、ハンディキャップが1つ上がっているはずなので、楽しみに開封しました。

 中をめくって、実は他の記事に目を奪われました。

見開きの両ページを使って、たくさんの写真があったからです

  ・・・誰でも、人が写っている写真があると目が行きますよね。・・・

そこには、フロント係りから、キャディさん、レストランのお姉さんまで、

チーム毎の数人が写っている写真が、16枚もありました。

   ・・・思わず知っている人を探してしまいました。(笑)

ところで、何の記事?と目をやると、

   「サービス向上宣言運動実施中」とあります。

   ・・・そうなんだぁ。・・・


「感動して頂ける挨拶を伝えよう」

という趣旨で、このゴルフ場が始めた、「サービス宣言書」だったんですね。


「写真」の横には、各チームが考えた「行動目標」が書いてあります。

笑顔の写真と共に、自分たちのしようとすることを、お客様に宣言する。

   ・・・そして、実行できるように頑張る。

 これって、なかなかできないですよね。

            とてもすばらしいことだと思いませんか?




    ゴルフ場    http://wa2.e-golf.co.jp/gp/nh/sz/sz124.htm  








posted by 革新社長 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様満足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

「2005 ESS BISINESS MEETING」(4)

 昨日の続きです。

当社の「経営品質向上」への取組み

(1)おかげ様で、創立20周年を迎えました。

(2)経営品質向上プログラム に挑戦することにしました。

(3)情報セキュリティー対策に取り組みました。

   ISMS(情報セキュリティーマネジメントシステム)に取り組み、

     認証を取得しました。(7月)

   個人情報保護のために、CP(コンプライアンス・プログラム)を策定し、

     Pマーク(プライバシー・マーク)の認証取得の申請をしました。(11月)
      
   セキュリティー対策のために、色々なことを実施しています。

     これについては、後日、改めて書かせていただきますね。 

(4)ISOの更新審査に無事合格しました。

   ISOの9001(品質)14001(環境)について、

     PDCA(プラン・ドウ・チェック・アクション)に取り組み、

     更新審査を無事パスしました。(1月)

(5)当社の活動について、積極的に情報発信しました。

   ホームページの更新をし、新しい試みに挑戦しました。(12月)

   社長ブログを始めました(1月)

(6)社員満足の向上に取り組みました。

   「チャレンジ目標」の中に、自己の学習、成長、資格取得の視点を

     取り入れ、費用負担や表彰等でチャレンジを推奨しました。

   県にお願いして、「社員満足度調査」を実施しました。(9月)
  
     結果は、思いの外、良い結果が出ました。(ホッ!)

(7)全社一丸となって、社会貢献に取り組みました。

   募金・寄付活動(中越地震、理恵ちゃん応援募金、オークション募金、

     パソコン寄付など)に、全社員が協力してくれました。

   地域貢献活動(海岸清掃活動、植林活動など)にも、

     多くの社員が参加しました。

以上ですが、こう書き出してみると、結構たくさんありますねー。

少しは前進してますよね(笑)



ISMS      http://www.ess.co.jp/quality/ismsbs7799.html

個人情報保護    http://www.ess.co.jp/quality/personaldata.html

ISOの9001(品質)http://www.ess.co.jp/quality/iso9001.html

14001(環境)   http://www.ess.co.jp/quality/iso14001.html

地域貢献活動      http://www.ess.co.jp/quality/regional.html
posted by 革新社長 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

「2005 ESS BISINESS MEETING」(3)

 15日に開催された、「2005 ESS BISINESS MEETING」で、

私も少し、お話をしましたので、今日はそのことを書きます。


当社は、今年度、創立20周年という「成人式」を迎えました。

そして、もう一歩成長し、前進するために、色々なことに挑戦してきました。

  ここでは、その活動を振り返ってみます。

    ・・・多分に手前味噌の話ですが、付き合ってくださいね。(笑)


当社の「経営品質向上」への取組み

(1)おかげ様で、創立20周年を迎えました。

    お客様向け や社員向けに、記念式典や講演会 を実施しました。

    「経営指針手帳」 を作成し、社員やお客様、パートナーに配布しました。

    5年後の目標を設定しました。

      2009年度  収入50億円、社員150名 (現在の約1.5倍)

(2)経営品質向上プログラム に挑戦することにしました。

     当社の「経営品質」の向上を推進するため、経営理念の設定・共有と、

     5つの「プロジェクト活動」をスタートしました。

       (詳しい内容は、「経営指針手帳」を参照して下さい。)


  ・・・すみません。少し長くなりそうですので、

          続きは明日にさせていただきま〜す。(苦笑)


    当社        http://www.ess.co.jp/

    記念式典や講演会  http://www.ess.co.jp/corporate/history.html

    「経営指針手帳」  https://ssl.ess.co.jp/form/qua_form.html

    経営理念      http://www.ess.co.jp/idea/index.html

    5つの「プロジェクト活動」 http://www.ess.co.jp/quality/index.html
posted by 革新社長 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

「2005 ESS BISINESS MEETING」(2)

今日、開催された 「2005 ESS BISINESS MEETING」 が、

無事、終了しました。

集客目標、200人に対して、220人余。

セミナーへの参加者、延べ150人余。

お出でいただいたお客様と、ご協力いただいた協賛会社様に、

心より感謝申し上げます。


昨年と比べ、会場の広さを2倍にしたため、各ブースの面積が広くなり、

ゆったりと展示できました。

そのため、お客様にも、ゆったりと説明を聞いていただくことができ、

商談成立と見込み案件の合計が、100件を超えるという、すばらしい

成績をあげることができました。

これには、当社社員はもちろん、協賛会社の皆様も驚いておりました。


一所懸命やって、こういう結果がでると本当にうれしいですね。

ご参加いただいた皆様方、本当にありがとうございました。


posted by 革新社長 at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

「2005 ESS BISINESS MEETING」(1)

 明日(2月15日)、当社の、年間最大のイベントが開かれます。

名付けて・・・

      「2005 ESS BISINESS MEETING」


是非とも、お客様に喜んでいただこうと、社員が一丸となって、準備を進めてきましので、

大勢のお客様にご来場いただき、ご満足いただきたいものです。


内容は、大きく2つに分かれております。

  一つは、「テーマ」に会わせた、最新機器やシステムの 「実演・展示」、

  もう一つは、二人の講師の方の 「セミナー」 です。

      (3人目に私が、当社の経営品質の取組みについて、少しお話をします)

時節に合ったテーマですので、お時間の許される方は、是非、お越し下さい。

    (詳しくは当社のホームページで・・・)


例年、このイベントは11月に行なわれていました。

今年度もその時期に行なう予定でおりましたが、

   実は、社員の提案で、急遽、この時期に変更になったんです。

理由はなぜか・・・?  分かります?  ・・・これが又、いいんですよね!

それは、

   自分達の考えで、お客様に「ソリューション」を提供したい!


当社のような販売店(OA・通信・情報)では、このような企画を実施する場合、

どうしても、内容がメーカーさんの主導になってしまうんですよね。

出品の協力をお願いする関係上、どうしてもメーカーの「今、売りたいもの」に

なってしまう。

    ・・・果たしてそれでいいんだろうか?・・・

「お客様満足」の為には、お客様に一番近い我々が、お客様の望む

「テーマ」を選び、それに合ったものを、メーカーさんと協力して展示

するほうがいいんではないか・・・?


                    ということになった訳です。 
 

 おかげ様で、趣旨をご理解いただいたメーカーさんからも、多大なご協力をいただき、

少し、開催は延びましたが、何とか、明日の開催の運びとなった訳です。


適切に、その趣旨が活かされている、

    「BISINESS MEETING」 になっているか、どうか・・・!


          「乞う、ご期待!」といった心境ですね。(笑)


  当社         http://www.ess.co.jp/

  当社のホームページ http://www.ess.co.jp/event/index.html













posted by 革新社長 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

梅の季節ですね。(3)

 昨晩、大阪にいる次男から電話がありました。

用件が終わって、最後に

  「ブログ、毎日見てるよ。読みやすくて、なかなかいいじゃん!」

   ・・・息子に褒められる親父の図・・・

   ・・・照れるけど、まんざらではありませんでしたね。(笑)


7〜8年前、大阪の大学に進んだ彼を、カミサンと訪ねた時、

勇んで案内してくれたのが、「大阪城」でした。

   ・・・季節は丁度、今頃。

知らずに行った我々を、、本当にきれいな満開の梅が歓迎してくれました。

だから、梅の季節は「次男」と「大阪城公園の梅林」を結び付けて思い出すんですよね。

又、訪れてみたいですね。


その彼も、今では社会人4年生。大阪・東京を飛び回っています。

「梅」といえば、・・・突然ですが、好きな演歌の歌詞に・・・

   「苦労、くの字に、小枝を曲げて、耐えて花咲く《梅の花》・・・」(?)

   ・・・相当古い!ですね・・・スミマセン(笑)


人生の中では、「苦労」も、「曲げて」も、「耐えて」も大切ですが、

できれば、伸び伸び、溌剌と仕事をしてもらいたい、と思っています。

そして、「花」も「実」も「香」もある人間になってほしいですね!


      これは当社の社員も同じですけどね・・・。



 「大阪城」    http://www.tourism.city.osaka.jp/ja/castle/history/

 本当にきれいな満開の梅  http://plaza.rakuten.co.jp/kirala/diary/200501190000/

 「大阪城公園の梅林」                                        http://www.ocpa.or.jp/osakapark/hfm_park/02osakajo/ume_kaika.html

  演歌      http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A000403/VISL-30444.html

  当社      http://www.ess.co.jp/
 
posted by 革新社長 at 13:27| Comment(7) | TrackBack(1) | 健康・趣味・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

梅の季節ですね。(2)

 梅の季節ですね。

わが家の狭い庭にも、梅の木が一本あります。

ピンク色の花が5分咲きほどになりました。

毎年、ほのかな香りと共に、春の気配を運んでくれます。

「ことわざ」に、

     「梅一輪、一輪ほどの暖かさ」

何の説明もいらない程、状況と動きをよく表していますよね。


「ことわざ」のついでにもう1つ・・・

     「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」

これは意味まで考えると、チョット難しいですね。

  桜を切ると、なぜ馬鹿なのか?

  梅を切らないと、なぜ馬鹿なのか?

枝の剪定(せんてい)のことだけなら、「フ〜ン!」でも済みますが、

もっと深く考えちゃうと、悩んじゃいますよね。

   例えば、「人材育成」とか、「リストラ」なんかとか・・・

                 考えすぎかな・・・(笑)






  
posted by 革新社長 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・趣味・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

梅の季節ですね。(1)

 天気が良かったので、丸子(まりこ)に行ってきました。

ここは、「一粒で二度おいしい」のグリコではないですが、

   ・・・ちょっと古いですね(笑)・・・、

一ヶ所で四つも五つも楽しめるので、わが家の「この時期」の定番の場所です。

少し楽しみを、紹介させていただきますね。


まず第一は、「丸子梅園」です。

  1ヘクタールほどの面積に340品種、800程の梅の木があります。

  白梅、紅梅、ピンク梅・・・

  一時間程の散策の中で、色んな梅が楽しめます。
  
  緋の毛氈でいただく甘酒も最高ですね。

  花は7〜8分咲きでしたが、伊豆半島がくっきり見えました。


次は「とろろご飯」ですね。

  ここの「とろろ汁」は、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」で有名なんですよね。

  今日は「丁字屋」さんでいただきましたが、たくさんのお店があります。

  やはり、家で作る味とは一味違いますよね。


3つ目は、「駿府匠宿」です。

  ここは、体験コーナーが充実していて、色んなことに挑戦できます。

  芸術家の才能を見つけ出すかもしれませんね。(笑)

  お土産も充実していて、いっぱい買っちゃいました。

  下記ホームページで確認してみて下さい。


4つ目は、「吐月峰柴屋寺」(とげっぽうさいおくじ)ですね。

  連歌師・宗長が、草庵を結び余生を送ったところで、京都の銀閣寺を模した庭園は、

  美しい周囲の自然をたくみに取り入れた、風雅な借景園で、国の名勝・史跡に指定

  されています。

  「吐月峰」の意味は、寺のおばさんの説明を聞くと「なるほど・・・」とうなずいてしまいます。


最後の5つ目は、丸子路の雰囲気なんですよね。

  アンティークの家具店や民芸品のお店、特産品の蜂蜜店などがありますが、

  なんといっても「いいなー」と思うのは、盆地の中に「田舎の雰囲気」が

  そのまま残っている処ですね。

    迫りくる山並み。暖かい日差し。親切な土地の人。

    曲がりくねった路と、地場の野菜や梅干が置いてある無人のお店(棚)。

    「梅」や「椿」や「蝋梅(ろうばい)」や「水仙」や「菜の花」などの季節の花々。


「又行ってみたいなー」と思う所は、やはり「何か」ありますよね!

参考にしなくっちゃね!



  「丸子梅園」http://itp.ne.jp/topics/odekake/ode28277.html

  「東海道中膝栗毛」http://haramachi3.at.infoseek.co.jp/yajikita_flame.htm

  「丁字屋」http://asobiba.jp/asobiba/contents/asobiba073_mariko.htm

  「駿府匠宿」(http://www.sunpurakuichi.co.jp/takumi/

  「吐月峰柴屋寺」http://www.yushoku.net/mariko/htm/togeppou.html

   丸子路の雰囲気 http://www.ne.jp/asahi/kichinyado/syarakuu/tokaido/tokai/mishimakanaya/22marikouzunoya.htm

posted by 革新社長 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・趣味・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

大満足の「日本×北朝鮮」サッカー

 昨晩の「日本×北朝鮮」サッカーはいい試合でしたねー。

「最後の最後での決勝点」という筋書きで、最高のドラマを見せてもらいました。

もう単純に大喜びの昨晩でしたが、今日は少し冷静になって「経営的」に考えてみました。

1)これほど、この試合が盛り上がったのはなぜか?

   @サッカー人気 AW杯出場がかかっている B相手が今話題の「北朝鮮」 

   Cマスコミの盛り上がり  D暗い話題ばかりが多い最近の世相 ・・・ETC。

   なんにしても、最高の市場性、話題性、そしてグットタイミングでしたね。

   「マーケッティング」的には、三拍子揃ってますよね!


(2)監督のリーダーシップはどうだったか?

   @選手起用について(先発メンバー、国内組と海外組の配慮、等々)・・・?  

   A選手交代について(誰と誰を替えるのか、その時期は、等々)・・・?

   B選手を鼓舞した言葉、方法(試合前、試合中、ハーフタイム、等々)・・・?

   賛否は分かれると思いますが、結果的にうまくいったから、まあ、いいか。

   ・・・では、いつもと同じで進歩がないですね! 


3)なぜ、観客は大満足だったのか?

   @「絶対勝つ!」という選手たちの強い思い、戦う姿勢。

   A白熱したシーソーゲイムで、かたずを呑んで見守る中、

    最後のロスタイムに決勝点を入れた試合展開。

   B最後に「日本が勝った」こと。

   C北朝鮮の選手の試合後のさわやかな印象。

   これだけの盛り上がりは最近なかったですよねー。

   やはり、「人」が真剣にやる姿に「人」は感動するんですよねー。


会社の経営とダブらせてみても、大変参考になる「大満足」でした。(笑)



posted by 革新社長 at 06:36| Comment(2) | TrackBack(2) | 健康・趣味・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

「スズメの学校」と「メダカの学校」

 童謡の話で恐縮です。

経営コンサルタントで、《自創経営システム》の創始者でもある、東川鷹年さんの

を読んでいたら、「スズメの学校」と「メダカの学校」の話がありました。

両方とも、小さい時に歌って、知ってますよね!

でも、比較してみたことってあります?

ぼくはありませんでした。

   ・・・そして、・・・


「ウーン、なるほど!」と、妙に感心してしまいました。

皆さんはいかがでしょうか???


          
  「スズメの学校」

「チイチイパッパ、チイパッパ、

 スズメの学校の先生は、ムチをふりふりチイパッパ、

 チイチイパッパ、チイパッパ、
 
 生徒のスズメは輪になって、お口をそろえてチイパッパ

 チイチイパッパ、チイパッパ」


  「メダカの学校」

「メダカの学校は川の中。

 そっとのぞいて見てごらん。

 そっとのぞいて見てごらん。

 みんなでおゆうぎしているよ。


 メダカの学校のメダカたち。

 だれが生徒か、先生か。

 だれが生徒か、先生か。

 みんなで元気に遊んでる」


私の会社はどっちかな?(笑)


  東川鷹年さん http://www.jmca.net/booky/wakuwaku/tyosya.html

    本      http://www.jmca.net/booky/wakuwaku/

   私の会社   http://www.ess.co.jp/






posted by 革新社長 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 経営品質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。