2006年01月18日

「システム監査」でした。(1)

 IT業界の超有名社長、堀江貴文氏の率いるインターネット関連企業の

「ライブドア」が先日、東京地検特捜部の強制捜査を受けましたね。

 関連会社の「バリュークリックジャパン」(現ライブドアマーケティング)が

2004年の1月から9月の決算で、ライブドアの別の子会社の預金1億円を

自社の売り上げに付け替え、実際は赤字だった決算を黒字に粉飾して発表したという、

証券取引法違反(風説の流布)などが、捜索容疑となっているそうです。

 高い株価や膨大な時価総額を背景とした、ライブドアやその他のIT関連企業の

「マネーゲーム(錬金術)」の手法は、今後次々と明かされていくと思いますが、

私が注目しているのは、この粉飾決算に関わった会計監査法人も強制捜査の

対象になっている点です。


 「カネボウ」の時も会計監査法人の関与が報道されました。

 今回のライブドアの件では、どの程度関与していたかはわかりませんが、

こういう不正を見つけて指摘するのが監査法人の役目です。

しっかりやってもらわなければ困りますよね。


 話は少し飛びますが、当社の親会社である遠州鉄道(株)は、その会計監査を

「監査法人トーマツ」にお願いをしています。ここ数年、その監査の一環として

「システム監査」というものが行なわれるようになりました。

 その「システム監査」が、先週の10日、11日の2日間に亘って行なわれましたが、

当社も遠州鉄道のコンピュータ・システムの開発や運用を全面的に受託している

立場にありますので、その監査の対象になっています。

 当社の担当者が数名、それに対応させていただきましたが、私も責任者として、

最後の「結果報告会」に立ち会いました。

そんな関係で「システム監査」について少し勉強しましたので、明日からそのことを

お話しさせていただきますね。


強制捜査 http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20060117nt08.htm

  「カネボウ」 http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt93/20050910AS1G1002410092005.html
posted by 革新社長 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。