2006年02月21日

「チャレンジ目標」(2)

 当社では10の課の下に全部で23のチームがあります。

それぞれ対象となるお客様が違ったり、担当している業務が異なったりしています。

(1)当社のお客様は大きく分けて、3つに分類されます。

@民間の企業、A小中学校をメインとする官公庁、B遠鉄グループ各社の3つです。

(2)当社の社員の職種もおよそ7つに大別されます。

@営業職、Aシステム開発職、Bシステムサポート職、C工事・保守サポート職

Dパンチ・オペレーション職、Eコンサルタント職、F事務職の7つです。

(3)当社で扱っている機器やサービスも多岐にわたります。

機器では、@パソコン・サーバ・周辺機器などの情報機器、A通信・ネットワーク機器、

Bコピー機・ファクシミリなどのOA機器、C消耗品(サプライ用品)などです。

サービスでは、@システムの設計や開発、Aシステムの保守・メンテナンス、

B受託運用・計算業務、Cセキュリティなどのコンサルタント、Dネットワークの構築

からケーブルの配線工事、Dパソコンの操作指導など、ほんとにさまざまですが、

これは、当社でのワンストップ・ソリューション(1から10まで、すべて当社で

対応できること)を目指しているからです。


 それぞれ、チーム毎に、お客様満足やチームの進化(学習と成長や業務の改善)の

目標を設定し、これを通じて業績の向上をみんなで頑張るというスタイルをとっています。

ですから、当社で行なっている、半期毎の「チャレンジ目標制度」はとても重要です。

今の様式にして3年ほどやっていますが、チームとしての結束や成長などが十分、

感じられてとてもいい仕組みだと思っていますね。(笑)

「中間ヒアリング」は終りましたが、それぞれいくつかの未着手項目や課題も確認

できました。やるべきことがそれぞれ見えてきたのではないかと思います。

これに基づき、残りの1ヶ月余を頑張ってもらいたいと思いますし、さらにそこで得た

気付きやヒントを来期以降に活かしていって欲しいですね。(笑)


posted by 革新社長 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ヒアリングマラソン英語講座完全ガイド
Excerpt: アルクのヒアリングマラソンを代表に耳から覚える英語教材が多数あります。このサイトではそんなヒアリングに関する教材、講座情報を提供します
Weblog: ヒアリングマラソン英語講座完全ガイド
Tracked: 2006-03-24 06:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。