2006年04月11日

「菜の花」は世界を救う?

 最近、雨の日が多いですね。今日もしとしと降っています。

今時の雨空が続くことを「菜種梅雨」と言うんだそうですが、確かに菜の花が

黄色い花を満開に咲かせていますね。

しかし今日は「菜種梅雨」のことではなく、「菜種油」のお話です。(笑)


 「菜種油」と言えば、最近ちょっと衰退気味の食用油を思い出しがちですが、

皆さんは「菜種油」が、環境対策に効果を発揮する「燃料油」だと言うことを

ご存知でしたか? お話を聞いて私もびっくりしましたね。


 ちょうど1週間前になりますが、月例の異業種交流会(SP研)を行ないました。

講師は「静岡県トラック協会」で「環境対策委員長」をなされている、西村登さん。

そして、そのテーマはなんと、「菜種油をディーゼル燃料に!」ということで、

「環境対策や農業振興対策に菜の花を!」という面白いお話をして頂きました。

協会はこの件で、「地球大好き 環境コンテスト」の大賞も受賞されたそうです。


 西村さんはある会社の取締役工場長さん。グループにトラック輸送の会社があり

その社長もしている縁で、協会の仕事をされるようになったそうですが、とても兼務

とは思えないほど、この「環境対策」に力をいれておられるように感じられました。


 私は、「車は石油燃料で動くもの」と思っておりましたが、しかし、ディーゼル車は、

「菜の花」、「とうもろこし」、「大豆」、「さとうきび」、「ひまわり」などからとれる油でも

動かすことができるし、環境にもやさしいんだそうです。知りませんでしたね(笑)


 数年前、環境対策のため、排気ガスに含まれるCO2などが一定基準以下である

ディーゼル車(乗用車を除く)しか首都圏を通過できないようになりましたよね。

そのことを契機に、植物油を使って環境によい燃料を作ることを始めた西村さん。

執念ともいえるすごい行動力で、関係官庁や自動車メーカーや農家を駆け回って

「菜の花燃料」の実現を目指していることがお話の中から伝わってきました。

ドイツなどでは実用化されているとのことです。 日本でもそうなるといいですね。

  「菜種梅雨」 http://www5e.biglobe.ne.jp/~tooriame/meteolology27.htm

  環境対策 http://www.nanohana.gr.jp/index.php

  「菜種油をディーゼル燃料に!」 http://www.weekly-net.co.jp/no.910.html

  「地球大好き環境コンテスト」の大賞も受賞http://www.szta.or.jp/aspsrv/asp_news/news.asp?DATE=20060223&ID=96

  ある会社 http://www.maruei-con.co.jp/gaiyou.htm
posted by 革新社長 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 異業種交流会(SP研) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

栃木県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 栃木県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-07-14 03:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。