2006年04月27日

「赤字プロジェクト」!

 昨日は、朝から当社の「部課長会」がありました。

通常の議事は順調に討議されましたが、決算の報告の時に、「赤字プロジェクト」の

話が問題になりました。このことは先日もちょっと触れましたね。


 当社の事業の柱に「システム開発」の仕事があります。

およそ40名ほどの社員が、20名ほどの派遣社員のパートナーさんとこの仕事に

携わっています。そして、お客様から依頼を受けた開発案件毎に、「開発プロジェクト」

を組みます。当社ではそれらがいくつも並行的に進んでいます。


 システム開発の仕事で大切な3大要素は「品質」、「納期」、「コスト」です。

それらが全て揃わないとお客様の満足は得られません。

しかも、この仕事は「無から有」を創る仕事です。最初にしっかりとお客様の意向を

確認しておかないと大変なことになってしまいます。


 今回はその大変なことが発生してしまいました。

お客様の意向や必要な仕様が十分確認できないまま、「概算見積り」を提出して

しまったこと。その「概算見積り」額が一人歩きをしてしまったこと。

この案件のチーフ・マネージャーが、急遽、別の「緊急プロジェクト」の面倒も見る

ことになり、サブ・マネージャーに任せきりにせざるを得なくなったこと。

お客様側の推進体制にも若干問題があることが分かっていたのに、直接的な手が

打てなかったこと。

途中でサブ・マネージャーから危険信号が上がっていたにも拘わらず、管理する側で

効果的な手を打たないまま、ずるずると時間が経っていってしまったこと。

(システム開発の仕事は「時間がコスト」ですから、大変怖いです。)


 今考えれば反省すべき点はいくつもありますし、悔やまれますが、その後の検討で

いくつかの有効的な対策案も出てきました。 高い買い物をしたと思いますが、

この教訓を活かして、更にいい会社にするための肥やしにしていきたいと思います。


  先日 http://kkk1.seesaa.net/article/16709940.html
posted by 革新社長 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

秋田県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 秋田県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-06-03 07:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。