2005年04月13日

当社も「プロジェクトX」です。(1)

 夕べのテレビで、「プロジェクトX」をやっていましたね。

小塚忠さんという天才?が、8つの会社を渡り歩き、入社した会社でそれぞれ違った

新商品を考案したんだそうです。

最後は「JUKI(ジューキ)」という会社で世界最高峰のミシンを造りあげるお話でしたね。

流転の技術者人生・・・すごい人もいるもんだと感心して見入ってしまいました。


 ところで、当社の「経営品質向上への取組み」として進めている活動の中にも、

「プロジェクトX」というものがあります。

たまたま、昨日が一年間の活動の発表の日の初日でした。

これも何かの因縁かと思ってしまいましたね。(笑)

当社の「プロジェクトX」は組織横断的な7〜8名の社員により構成された、

業務改善の検討プロジェクトです。

品質向上のための各テーマについて、社員が「自発的に参加」し、

「自主的に運営」する、「創発の場づくり」を目的としています。


昨年より設立された、社員の活動の場です。

おおむね月1回集まって、テーマについて2時間ほど論議をしてくれています。

一応、「提言」をまとめてくれるよう、お願いをしていますが、

どちらかというと、「提言」の内容より、その中での「対話」や「気付き」や

「交流」等の、「プロセス」の方を重視しています。


テーマは次の5つがあり、各テーマについて、それぞれ3つづつのチームがあります。

但し(5)は1つです。


(1)CS向上プロジェクト・・・「顧客満足、顧客サービス向上のために」

(2)ES充実プロジェクト・・・「社員が充実して働ける会社になるために」

(3)CRM検討プロジェクト・・・「当社独自のCRMシステムの構築のために」

(4)CCC推進プロジェクト・・・「もっといい会社にするために」

(5)SQ確立プロジェクト・・・「ソフト開発の品質・標準化の確立のために」

合計13のチームに、部課長を除く全社員が参加して、活動してくれました。


昨日から4日間に分けて、各チームが一年間の活動を発表してくれます。

昨日の発表会は、写真を使った活動報告などもあり、各チームがそれぞれの視点から、

予想以上の内容でまとめてくれておりました。

これからのチームもきっとそれなりの活動結果を発表してくれるだろうと思います。


今年もメンバーを入れ替えて、活動を継続するつもりです。

NHKの趣旨と同様、「挑戦者たち」になってほしい、という心境ですね。(笑)


  小塚忠さん  http://www.townnews.co.jp/020area_page/02_fri/11_zama/2005_2/04_08/zama_top1.html 

  「プロジェクトX」    http://www.nhk.or.jp/projectx/      

  当社の「経営品質向上への取組み」  http://www.ess.co.jp/quality/index.html

posted by 革新社長 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(2) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

満足から感動へ
Excerpt: 金曜日の夜23:00時。場所は大手町。会社から仕事を終えて帰り道。 MP3プレイヤーで中島美由紀の「ヘッドライト・テールライト」。東西線のホームで電車の待ち合わせ中、目の前にANAホテルの看板で写真..
Weblog: 外国人日記:インド人IT技術者Manish Prabhune(マニッシュ・プラブネ)
Tracked: 2005-04-17 14:00

プロジェクトX:やらせ疑惑と今こそ番組をサポートする必要性
Excerpt: プロジェクトX。やらせ疑惑を発覚。残念です。でもそんなにも暗く話ではない。マスコミはこれで過去の内容は全部調べてさらに疑惑の何ケースは出るかも知らない。でも毎週感動的な内容を提供したこの番組はこれから..
Weblog: 外国人日記:インド人IT技術者Manish Prabhune(マニッシュ・プラブネ)
Tracked: 2005-05-26 09:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。