2005年04月15日

当社も「プロジェクトX」です。(2)

4月12日から、4日間にかけて行なわれておりました、「プロジェクトX」

活動報告会が今日で終了しました。

毎日3チームづつが集まり、16時から2時間ほどを掛けて行ないました。

1チームが20分程で、活動結果(提言)の報告を行い、その後、一人ひとり全員が

今年度の感想を述べてくれました。

そして最後に、ピザやお寿司などで、形ばかりの慰労会を行ないました。

          (・・・残念ながらアルコールはなし・・・でした)


結論から言うと、本当に素晴らしい発表会でした。そして活動内容でした。

私が「プロジェクトX」活動に期待した点は3つありました。

一つ目は、組織横断的なチーム編成による「社員同士の交流」」(コミュニケーション)

2つ目は、選んだ「テーマ」を論議することによる「学習」や「気付き」

3つ目は、社員からの「提言」という形での「改善提案」や「課題の見える化」です。

そして、これらの活動は、全て社員たちの自主的な運営に任せることにしました。

しかしそうは言っても、最初のスタート時には、チーム編成や手当の支給などで、

若干「自発的」とはいえない部分もありました。

しかも、月1回程度とは言え、各人忙しい時間を割いての開催です。

仕事に影響は出ないか?社員から不満が出ないか?正直、心配をしておりました。

しかし、社員たちは、これら全てに、期待以上の行動と成果を出してくれました。


「今から、プロジェクトXです。」と言って、嬉しそうに会議室に向かう女子社員。

「夕べはプロジェクトXの飲み会でした。」と嬉しそうに報告してくれる男子社員。

「今年も同じメンバーでやらせてくれませんか?」と言ってくる社員たち。


最初は少し背中を押したことに抵抗を感じていた私ですが、このようにいきいきとした

社員たちの表情をみると、それらの心配が全く杞憂だったと思えてきました。

全チームが、「やってよかった。今年も是非続けて欲しい。」と言ってくれました。

発案した私には、これほど嬉しい言葉はありません。

私には社員たちが益々可愛く、そして逞しく思えてきました。(笑)


   「プロジェクトX」  http://www.ess.co.jp/quality/index.html
posted by 革新社長 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。