2006年04月21日

当社の「プロジェクト]」(2)

 昨日は、知人の社長さんに誘われて久しぶりに焼き鳥屋さんんで一杯やりました。

浜松市の中心街にある「大樹」というお店なんですが、安くておいしいお店ですので

時々、利用させてもらっています。


 この3月に浜松市の中心街活性化の1施策として、「べんがら横丁」という、飲食

スペースがスタートしましたが、ここはラーメンと焼き鳥のお店だけの専門店街です。

食のテーマパークということで、全国から有名な店が入居しています。

私も1度行きましたが、ラーメン店が7店、焼き鳥屋さんが6店並んでいて、結構

込んでいましたね。15分程並んで食べましたが、おいしかったです。(笑)


 昨日ご一緒させていただいた社長さんは、昔からラーメンと餃子のお店にこだわり

のある方で、浜松にあるお店もよく知っていらっしゃいます。

昨日は浜松の「食の文化論?」に花が咲きましたね。


 さて、昨日からの続きの、当社の「プロジェクト]」のお話です。

12チームにそれぞれ、1年かけて話し合ってきたことや実行してきたこと、

「対話」や「気付き」をテーマにそれぞれ発表してもらいました。


 4月の10日から4日間の日程で発表会が開催されましたが、内容が結構、

充実していたのには感心しましたね。

先ず初日は、「スキル向上のため」をテーマとした3チームの発表が行われました。

2日目は「顧客対応向上のため」をテーマとした3チーム、3ヶ日目は「販売企画

向上について」をテーマとした3チーム、最終日は「社会貢献推進について」の

3チームの発表が行なわれました。

 
 その時の様子はこちらのブログからご覧いただけますが、その後のお茶での

親睦会も含めて、みんな楽しそうな雰囲気で一杯でしたので、私も言いようのない

満足感とうれしい気持ちで一杯になりましたね。(笑)

   
  「大樹」 http://www.at-s.com/bin/yell/YELL0020.asp?id=D561253268 
 
  「べんがら横丁」 http://www.bengara.net/

  こちらのブログ http://katsudo.seesaa.net/category/464794.html
posted by 革新社長 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(1) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

当社の「プロジェクト]」(1)

 昨日は、新年度を迎えて当社がやっていることをいくつか書きましたが、

今日はその続きで、「プロジェクト]」のことを書かせていただきますね。(笑)


 当社の「プロジェクト]」とは、社員が8〜10人ほどでチームを組んで、

自主的に学習や交流などを行なっている集団活動のことを言います。

メンバーは組織横断的で、色々な部署の者たちが集まってチームを作っています。


 当社のこれに参加している社員は、部課長を除いた100人程です。

当社は最近入社した若者が多いです。この内の20人はこの2年以内に入社した

ニューフェースですし、勤務する事務所も3ヶ所に分かれています。ですから、

他部署の仕事内容や構成員を知らないという社員が結構いるんですよね。

会社の実態って、案外そういうことが多いですよね。


 当社が、経営品質向上の取組みをしてこういう「プロジェクト]」のような活動を

始めたのも、社員同士のコミュニケーションを良くしたいという思いがあったから

です。ですから、業務上はほとんど交流のない者同士が、この活動で初めて

顔を知った、口をきいたという場合もあるそうです。


 この活動は会社の勤務が終わった夕方から。

月1回ですが、メンバーが会議室に集まって、自分たちで選んだテーマについて、

わいわい楽しみながら、1時間から2時間ほど論議をしているようです。

自然発生的に飲み会に発展していくケースもあるようで、最高3回行なった

チームもあるという話も聞きました。いいことですね。(笑)


 そのような1年間の活動を通して、研究をしたり、論議をしたりした内容をまとめて

最後に発表してもらうことになっていましたが、その発表会が先週開催されました。

12のチームが4日に分かれて活動の報告をしてくれましたが、びっくりする程、

内容が充実していましたね。その活動報告は明日です。お楽しみに・・・(笑)

  
  当社 http://www.ess.co.jp/index.html

  「プロジェクト]」 http://katsudo.seesaa.net/category/464794.html
posted by 革新社長 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

今年も「プロジェクト]」(2)

 (「プロジェクト]」についての、昨日の続きです。)

 当社の「プロジェクト]」は、各チームの自主的な運営により、行なわれます。

一応、世話役として部長がついていますが、チーム間のバランスをとったり、

会社の方針や価値観についての質問に答える程度で、後は社員任せです。


 活動は月1回程度の、2時間ほどのミーティングにより行なわれます。

それ以外に、多分、飲み会も発生するんでしょうね。

「それが楽しみ!」と考えている社員も結構いそうですから・・・?(笑)


 この活動の趣旨・目的は、はっきりしています。

組織横断的なメンバー構成により、いろんな部署の者たちが交わって、

各テーマについて「対話」することにより、お互いを「理解」しあったり、

「気付き」を得たりすることにあります。



 昨年度は、出席回数による賞与への反映も実施してみましたが、

仕事で参加できない場合は参加にみなす、としたこともあって

全員が皆出席でした。(笑)


 この活動には、会社への「提言の取りまとめ」もお願いしています。

来年3月にはその発表会(景品付きのコンテスト)も考えています。  しかし、

それよりも、伸び伸びと意見を出し合ったり、交流してくれることを望みますね。


 そして、こういう活動を通して、会社としての「社風」や「結束力」や

「価値観の共有」ができあがっていくんだなぁということを、実感しています。

とても嬉しい事ですね。(笑)



  当社  http://www.ess.co.jp/
posted by 革新社長 at 05:37| Comment(2) | TrackBack(0) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

今年も「プロジェクト]」(1)

 当社では毎朝、部単位や課単位で、それぞれ朝礼をしています。

昨日、その朝礼で新人の女子社員が

「初めてプロジェクト]に参加しました。

これから、他の部署の方たちと交流ができるので、とても楽しみです。」

とショートスピーチをしていました。


 そうです。今年も又、「プロジェクト]」がスタートしましたね。

当社の「プロジェクト]」は全員参加の「勉強会兼交流会」です。


今年のテーマは次の4つ。

 @顧客対応向上プロジェクト

 Aスキルアップ推進プロジェクト

 B販促企画検討プロジェクト

 C社会貢献推進プロジェクト


どのプロジェクトに参加するかは、本人の希望を参考にしました。

それぞれに、3チームが所属しますので、合計12チームが出来上がりました。


昨年度は

 @CS向上プロジェクト・・・「顧客満足、顧客サービス向上のために」

 AES充実プロジェクト・・・「社員が充実 して働ける会社になるために」

 BCRM検討プロジェクト・・・「当社独自のCRMシステムの構築のために」

 CCCC推進プロジェクト・・・「もっといい会社にするために」

 DSQ推進プロジェクト・・・「ソフト開発時の品質向上・標準化のために」

の5つのプロジェクトでしたので、少し様変わりですね。

テーマがより具体的になったようです。


当社の「プロジェクト]」は、社員がとても楽しみにしている活動の一つです。

明日、もう少し詳しくお話させていただきますね。(笑)


  当社  http://www.ess.co.jp/

  プロジェクト]に参加  http://katsudo.seesaa.net/article/4482996.html
posted by 革新社長 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

当社も「プロジェクトX」です。(3)

 先週、4日間に分けて、当社の「プロジェクト]」の発表会が行なわれました。

その時の様子や発表の内容をお話しさせていただきますね。

一日目は「CS(顧客満足・顧客サービス)の向上」について考えてくれた

3チームの報告でした。

最初のAチームは、自チームを「SSCSチーム」と命名しました。

これは、CSの原点と考えた、Skill・Speed・Commumication・Share(情報共有)の

頭文字から取ったそうです。

始めは何から論議していいか分からず、とりあえず、自分のよく知っている「商店」を

イメージして、「顧客満足」の視点から、よい点、悪い点を、それぞれ出し合ったそうです。

そして、その中で、

@他ではできない、独自性や専門性が必要である。

A親近感を持たれるようにする。(口コミも大事)

B信頼やサービスも大事だが、価格が安いことも重要。

C「地元の会社である」ことをアピールする。

       (長年の人間関係、信頼関係は大きな武器)


以上のようなまとめができたそうです。

そして、これらを論議し、意見を出し合う中で、それらを当社に引き換えたらどうなるか?

という方向に発展して行きました。

上記の4点を柱に、会社の実態の中で、思い付く「良い点」「悪い点」、

「強い点」「弱い点」を目いっぱい出し合ってみました。

更に分かり易く理解するために、フィッシュボーン(魚の骨状に分類すること)に

置き直してみたりしたそうです。

こうした論議の中で、更にもう一点、社員の「モラル・マナー」が大きな要素

であり、その為に教育の実施が必須であるという「気付き」も生まれました。


「意識の向上」や「顧客情報の充実」を始め「教育の必要性」等、

いくつかの「提言」もしてくれました。


討議中の写真も含めて、生き生きとした活動の発表があり、

「充実した時間が持てた」と総括してくれました。



  当社の「プロジェクト]」  http://www.ess.co.jp/quality/index.html
posted by 革新社長 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

当社も「プロジェクトX」です。(2)

4月12日から、4日間にかけて行なわれておりました、「プロジェクトX」

活動報告会が今日で終了しました。

毎日3チームづつが集まり、16時から2時間ほどを掛けて行ないました。

1チームが20分程で、活動結果(提言)の報告を行い、その後、一人ひとり全員が

今年度の感想を述べてくれました。

そして最後に、ピザやお寿司などで、形ばかりの慰労会を行ないました。

          (・・・残念ながらアルコールはなし・・・でした)


結論から言うと、本当に素晴らしい発表会でした。そして活動内容でした。

私が「プロジェクトX」活動に期待した点は3つありました。

一つ目は、組織横断的なチーム編成による「社員同士の交流」」(コミュニケーション)

2つ目は、選んだ「テーマ」を論議することによる「学習」や「気付き」

3つ目は、社員からの「提言」という形での「改善提案」や「課題の見える化」です。

そして、これらの活動は、全て社員たちの自主的な運営に任せることにしました。

しかしそうは言っても、最初のスタート時には、チーム編成や手当の支給などで、

若干「自発的」とはいえない部分もありました。

しかも、月1回程度とは言え、各人忙しい時間を割いての開催です。

仕事に影響は出ないか?社員から不満が出ないか?正直、心配をしておりました。

しかし、社員たちは、これら全てに、期待以上の行動と成果を出してくれました。


「今から、プロジェクトXです。」と言って、嬉しそうに会議室に向かう女子社員。

「夕べはプロジェクトXの飲み会でした。」と嬉しそうに報告してくれる男子社員。

「今年も同じメンバーでやらせてくれませんか?」と言ってくる社員たち。


最初は少し背中を押したことに抵抗を感じていた私ですが、このようにいきいきとした

社員たちの表情をみると、それらの心配が全く杞憂だったと思えてきました。

全チームが、「やってよかった。今年も是非続けて欲しい。」と言ってくれました。

発案した私には、これほど嬉しい言葉はありません。

私には社員たちが益々可愛く、そして逞しく思えてきました。(笑)


   「プロジェクトX」  http://www.ess.co.jp/quality/index.html
posted by 革新社長 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

当社も「プロジェクトX」です。(1)

 夕べのテレビで、「プロジェクトX」をやっていましたね。

小塚忠さんという天才?が、8つの会社を渡り歩き、入社した会社でそれぞれ違った

新商品を考案したんだそうです。

最後は「JUKI(ジューキ)」という会社で世界最高峰のミシンを造りあげるお話でしたね。

流転の技術者人生・・・すごい人もいるもんだと感心して見入ってしまいました。


 ところで、当社の「経営品質向上への取組み」として進めている活動の中にも、

「プロジェクトX」というものがあります。

たまたま、昨日が一年間の活動の発表の日の初日でした。

これも何かの因縁かと思ってしまいましたね。(笑)

当社の「プロジェクトX」は組織横断的な7〜8名の社員により構成された、

業務改善の検討プロジェクトです。

品質向上のための各テーマについて、社員が「自発的に参加」し、

「自主的に運営」する、「創発の場づくり」を目的としています。


昨年より設立された、社員の活動の場です。

おおむね月1回集まって、テーマについて2時間ほど論議をしてくれています。

一応、「提言」をまとめてくれるよう、お願いをしていますが、

どちらかというと、「提言」の内容より、その中での「対話」や「気付き」や

「交流」等の、「プロセス」の方を重視しています。


テーマは次の5つがあり、各テーマについて、それぞれ3つづつのチームがあります。

但し(5)は1つです。


(1)CS向上プロジェクト・・・「顧客満足、顧客サービス向上のために」

(2)ES充実プロジェクト・・・「社員が充実して働ける会社になるために」

(3)CRM検討プロジェクト・・・「当社独自のCRMシステムの構築のために」

(4)CCC推進プロジェクト・・・「もっといい会社にするために」

(5)SQ確立プロジェクト・・・「ソフト開発の品質・標準化の確立のために」

合計13のチームに、部課長を除く全社員が参加して、活動してくれました。


昨日から4日間に分けて、各チームが一年間の活動を発表してくれます。

昨日の発表会は、写真を使った活動報告などもあり、各チームがそれぞれの視点から、

予想以上の内容でまとめてくれておりました。

これからのチームもきっとそれなりの活動結果を発表してくれるだろうと思います。


今年もメンバーを入れ替えて、活動を継続するつもりです。

NHKの趣旨と同様、「挑戦者たち」になってほしい、という心境ですね。(笑)


  小塚忠さん  http://www.townnews.co.jp/020area_page/02_fri/11_zama/2005_2/04_08/zama_top1.html 

  「プロジェクトX」    http://www.nhk.or.jp/projectx/      

  当社の「経営品質向上への取組み」  http://www.ess.co.jp/quality/index.html

posted by 革新社長 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(2) | プロジェクト] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。