2006年04月17日

「結婚式」でした。

  土曜日に久々に結婚式にご招待があったので出席してきました。

 去年の12月19日に、当社の忘年会の記事の中でこんなことを書きました。

 『最後に大変な「サプライズ」が飛び出しました。

社員の「S君」と「Kさん」が舞台に立って、婚約を発表したんです。

これには会場、騒然でしたね。みんな全然気がついていませんでしたから。

当社の今年の大「忘年会」は、こうして楽しく過ぎていきました・・・。』


 その二人がめでたく佳き日を迎えられたというわけです。

当日は2人を含めて当社の社員が26名も参列しておりましたので、

社員たちの余興も色々あって、明るく和やかな結婚式でしたね。

皆さんからの祝福も一杯もらっていました。末永くお幸せに・・・!


 その中には、当社を退社された女子社員、2人も含まれておりましたので、

昔話に花が咲きましたが、そのうちの一人が、

「社長さんのブログ、時々読ませてもらっていますよ」と言ってくれました。

ある雑誌で私のブログのことを知り、書かれている会社の様子などで、

勤務していた当時を懐かしんでいるんだそうです。

こんなところにもブログの効用があるんだなぁと感心してしまいました。


 『総務省は13日、インターネット上での開設が容易な日記風ホームページ

「ブログ」の登録者数が3月末で868万人と、前年9月末から半年間で約83%

増加したと発表した』

 『また、閲覧者を友人らに限定できる「SNS」(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)

も716万人と半年間で約79%伸びた』

『サイトを通じた趣味や仕事など話題の交流が急速に広がっている。』


 先日、発表されたブログに関する記事です。

ブログやSNSを通じて何かが起きているんだなぁという感じがしますね。


  忘年会の記事 http://kkk1.seesaa.net/article/10816021.html
posted by 革新社長 at 05:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ホームページ・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

「見える化」です。(2)

 昨日、最後の取引が行なわれ、ライブドアの上場が廃止されましたね。

ホリエモン社長を始め、多くの話題を提供した同社でしたが、その割には経営の

実態が見えませんでしたね。こういう点からも「見える化」の必要性を感じますね。


 さて、「見える化」についての遠藤さんのお話の続きです。

遠藤さんは、「見える化」には次の5つのカテゴリーがあり、それぞれシステムと

しての「見える化」を構築することが重要だと言っています。

@「問題」の見える化、A「経営」の見える化、B「状況」の見える化、C「顧客」

の見える化、D「知恵」の見える化、の5つです。確かにそれぞれ重要な視点ですね。


 又、間違えやすい「見える化」に「管理の見える化」があるとのことです。

これは、経営もしくは本社が経営管理、事業管理のために行なう「見える化」で

あり、本来の「自律の見える化」(=現場が自分たちの問題解決のために行なう

自主的な見える化)とは違いますよ、ということでした。

確かに、経営者や本社が現場に要請する「報告」は「見える化」の意味は持って

いますし、それなりに重要ですが、それだけで「見える化」ができているとは言え

ませんよね。私も気を付けなくては・・・と思いましたね。(笑)

 
 「見える化」はあくまで問題発見の第一歩であり、本当の勝負は「見えた後」

だそうです。「見える化」の目的は「共通認識」をつくることであり、その中には

「対話と理解」や「標準化(共通のものさしづくり)」が含まれており、単に情報

共有を進めればよいというものではないそうです。

確かに同じものや同じ情報を見ていても同じ認識とは限らないですもんね。


 最後に『真の優位性は粘り強さ、愚直さから生まれてきます』といって、継続

することの大切さを強調されておりました。

私も自分の会社でどのように進めていくかのいくつかのアイディアが浮びました。

貴重なお話ありがとうございました。

posted by 革新社長 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(3) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

「見える化」です。(1)

 昨日は名古屋に出張し、(財)中部生産性本部が開催してくれたセミナー

(講演会)に参加してきました。


 講演のテーマは『見えている企業は強い〜経営の視点から「見える化」をいかに

進化させるか』という、まさに今、ブームになっている「見える化」についてのお話

でしたので、多くの方が聴講されていました。

 講師は早稲田大学大学院教授の遠藤功氏。 「現場力を鍛える」や「見える化」

というベストセラーの本を書かれていますからご存知の方も多いと思います。


 「強い経営」「強い企業」とは何か?という切り口から始まった遠藤氏の講演は

トヨタや花王、キャノンなどの優良企業の実例を参考にして、とても分かりやすく

色々気付きを与えてくれましたので、少し紹介をさせていただきますね。


 氏のお話によれば、『「見える化」の原点は「見えていないこと」に気が付くことで

あり、しかも「ちゃんと見えているか?」、「組織として見えているか?」の2つの

観点が重要です』ということでした。


 そして、「強い経営」とは、『骨太で合理的なビジョン(リーダーシップ)を頂点に、

差別化や独自性を持った、勝つための競争戦略が中段にあり、それを支える

現場力がどのようにオペレーションしていくか、というピラミッドと、もう1つの

問題発見し、解決する強い現場のオペレーションと、それを支える本社機能や

社長という逆ピラミッドの2つの機能構造が必要です』、ということでした。


 トヨタなどのように、「強い現場力」を創るには「見える化」が非常に有効ですが、

この「見える化」にも気をつけなければならない注意点もいくつかあるとのことです。

明日、その辺をもう少し書かせていただきますね。


  遠藤功氏 http://www.bbt757.com/servlet/ShowLecturer?lecid=0225
posted by 革新社長 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

「バースディ・ランチ・ミーティング」

 今、外ではしとしと降りしきる雨の中、激しく稲妻が走り、何度も大きな落雷の音が

響いています。春の嵐といった感じで、お客様のシステムダウンが心配です。

昨日書いたような、「菜種梅雨」といったかわいいイメージではありませんね。


 さて、昨日は恒例の「バースディ・ランチ・ミーティング」を行ないました。

当社の4月生まれは合計13人。私も4月生まれですので入っています。

仕事の関係で参加できなかった社員が3名いましたので、残り10名で

ワイワイガヤガヤ、楽しい一時をすごしました。


 この会の進行役は社長の私です。

毎回、みんなに聞いていることですが、「私の健康法」と「公私に亘る近況報告」を

それぞれ、順番に話してもらいました。


 今月は、22年前、会社ができて最初の新卒で入社した一期生のT・T君から、

この4月に社員になって、一人暮らしを始めたという新入生のT・H君まで、新旧

入り混じった面白い顔ぶれとなり、話も弾みましたが、3対7で独身者が多かった

のは、世相とはいえ、ちょっとびっくりでしたね。(笑)


 「私の健康法」を聞くのは、みんなに健康についての関心を持ってもらいたいと

思って聞いているんですが、一部の人を除いてほとんどの人が自分の健康について

努力している感じが少ないのが気になりますね。

「食べることに気を付けること」、「体を動かすこと」、「ストレスを溜めないこと」の3つが

健康の秘訣だと思いますので、各自それぞれ何かにチャレンジして欲しいですね。

 
 「近況報告」では、年度末の仕事が集中していたこともあって、皆さん「忙しかった」

「大変だった」というお話が多かったです。ご苦労さまでした。

でもこうやってざっくばらんに現場のことや、社員の思っていることが直接聞けるので

私はこのミーティングがとても好きです。これからも続けていきたいですね。


「バースディ・ランチ・ミーティング」 http://katsudo.seesaa.net/article/16461974.html

posted by 革新社長 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員・採用・育成・評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

「菜の花」は世界を救う?

 最近、雨の日が多いですね。今日もしとしと降っています。

今時の雨空が続くことを「菜種梅雨」と言うんだそうですが、確かに菜の花が

黄色い花を満開に咲かせていますね。

しかし今日は「菜種梅雨」のことではなく、「菜種油」のお話です。(笑)


 「菜種油」と言えば、最近ちょっと衰退気味の食用油を思い出しがちですが、

皆さんは「菜種油」が、環境対策に効果を発揮する「燃料油」だと言うことを

ご存知でしたか? お話を聞いて私もびっくりしましたね。


 ちょうど1週間前になりますが、月例の異業種交流会(SP研)を行ないました。

講師は「静岡県トラック協会」で「環境対策委員長」をなされている、西村登さん。

そして、そのテーマはなんと、「菜種油をディーゼル燃料に!」ということで、

「環境対策や農業振興対策に菜の花を!」という面白いお話をして頂きました。

協会はこの件で、「地球大好き 環境コンテスト」の大賞も受賞されたそうです。


 西村さんはある会社の取締役工場長さん。グループにトラック輸送の会社があり

その社長もしている縁で、協会の仕事をされるようになったそうですが、とても兼務

とは思えないほど、この「環境対策」に力をいれておられるように感じられました。


 私は、「車は石油燃料で動くもの」と思っておりましたが、しかし、ディーゼル車は、

「菜の花」、「とうもろこし」、「大豆」、「さとうきび」、「ひまわり」などからとれる油でも

動かすことができるし、環境にもやさしいんだそうです。知りませんでしたね(笑)


 数年前、環境対策のため、排気ガスに含まれるCO2などが一定基準以下である

ディーゼル車(乗用車を除く)しか首都圏を通過できないようになりましたよね。

そのことを契機に、植物油を使って環境によい燃料を作ることを始めた西村さん。

執念ともいえるすごい行動力で、関係官庁や自動車メーカーや農家を駆け回って

「菜の花燃料」の実現を目指していることがお話の中から伝わってきました。

ドイツなどでは実用化されているとのことです。 日本でもそうなるといいですね。

  「菜種梅雨」 http://www5e.biglobe.ne.jp/~tooriame/meteolology27.htm

  環境対策 http://www.nanohana.gr.jp/index.php

  「菜種油をディーゼル燃料に!」 http://www.weekly-net.co.jp/no.910.html

  「地球大好き環境コンテスト」の大賞も受賞http://www.szta.or.jp/aspsrv/asp_news/news.asp?DATE=20060223&ID=96

  ある会社 http://www.maruei-con.co.jp/gaiyou.htm
posted by 革新社長 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 異業種交流会(SP研) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

転勤の季節ですね。

 いよいよ新年度がスタートしましたね。今年度も頑張りたいと思います。

しかし、今年は例年になく、転勤や組織改変でご挨拶にみえる方が多いですね。


 浜松や静岡にお勤めの方が、東京や名古屋、遠くは九州へ転勤されるために、

当社に挨拶にみえた方も10人は下りません。

会社が負担する転勤のための費用(引越しや諸手当など)も膨大な金額になるで

しょうから、各企業とも、それを上回る効果を期待しているんでしょうね。

そういう意味では、景気も上向きになってきていますから、今年がダッシュの年と

考えている企業が多いような気がしますね。


 数年前にも、経費節減の理由で、各社一斉に、浜松の事務所をたたんで静岡市に

併合した時がありました。その時も各社、考えることが皆同じなんだなぁと感心した

ことがありましたが、今年もその時に匹敵する位、各社一斉の転勤発令です。

各社とも不思議な程、こういう決断や行動は一致していますね。(笑)


 当社は地域密着を営業戦略の一つにしておりますから、全員が当地・浜松で

働いています。転勤の心配はしなくてもいいですから、そういう点は楽ですね。


 この度、転勤されます皆さん、仕事は勿論、ゴルフやお酒にと、公私にわたり

大変お世話になりました。新しい職場でもお体に気をつけてご活躍をされますよう

お祈りいたしております。

そして又、新たに赴任をなされてきた各社の皆さん、どうぞよろしくお願いしますね。


 「転勤先でも社長のブログは見させてもらいますよ」とおっしゃってくださった方も

何人かいらっしゃいました。このブログも読んでくれているかも知れません。

折に触れ、このブログでも励ましてあげれたらいいなと思いますね。


posted by 革新社長 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

中期経営計画(2)

 遠鉄グループの新中期経営計画(3ヶ年計画)の方針を紹介しています。


 『クオリティ2008』では、企業活動の様々な「クオリティ」を高めるために、

遠鉄グループの総合力強化を図り、積極的にお客様の声を聞く仕組みを構築し、

お客様のニーズを提供する商品・サービスに取り入れていくとともに、お客様との

関係を強化する体制を構築し、CS経営を推進します。


 また、お客様の満足度を高めるためには、商品・サービスを提供する人材が

重要であり、「人材の発掘・定着と研修・交流」を推進し、従業員のやる気、発想、

行動力の向上を図るなど、人材の育成を強化します。』


 そして数値的な目標として、次のように書かれています。

 『不動産事業、商品販売事業等、既存事業の拡大を戦略の柱として、2008年度

には、連結売上高1,687億円、 連結経常利益72億円、連結当期純利益40億円を

目指します。』

3年後の売上高の伸びは111.6%ですから、ほぼ順調な成長と言えますよね。(笑)


 そしてこの中には当社の業績目標も当然含まれています。

3年後の当社の目標は、売上高約42億円(37%アップ)、 経常利益約1億円です。

全体から見るとだいぶ少ないんですが、アップ率はすごいですね。

ちょっと頑張りすぎかな?(笑)


  お分かりのように、今回の中期経営計画では、@「顧客本位」A「地域との共生」

B「社員重視」C「現場主義」の4つの経営方針を柱として、企業活動の様々な

「クオリティ」を高めていくことを最大の目標にしています。とてもいいことですよね。


 当社もこれらを達成するための前提となる、経営方針や重点政策も策定しました。

これらについても近いうちに紹介させていただきますね。


  遠鉄グループ  http://www.entetsu.co.jp/

  当社  http://www.ess.co.jp/


posted by 革新社長 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

中期経営計画(1)

 いよいよ新年度がスタートしましたね。

新しい気持ちで、CSやESを重視した経営を推進していきたいと思います。

 先般、遠鉄グループ新中期経営計画(3ヶ年計画)が発表され、新聞にも大きく

報道されました。 ちょっと長くなりますが、当グループのPRも兼ねて、その原稿を

掲載させていただきますね。(本文のまま)


 『遠鉄グループでは、2008年度を最終年度とする新中期経営計画 『クオリティ

2008』を策定し、2006年度より実行に移すこととなりました。


 遠鉄グループは、「奉仕」「前進」「幸福」を社是とし、「地域とともに歩む総合生活

産業として社会に貢献する。」という経営理念のもと、運輸事業を基盤に流通、

観光レジャー、不動産、保険、情報処理サービス等幅広く事業を展開し、地域の

人々からの信頼をもとに発展を遂げてまいりました。


 『クオリティ2008』では、「顧客本位」「地域との共生」「社員重視」「現場主義」の

4つの経営方針を柱として、企業活動の様々な「クオリティ」を高めることにより、

お客様や社会から更に信頼をいただくことを目指します。


遠鉄グループが考える「クオリティ」とは、遠鉄グループが進むべき方向・ビジョンを

明確化し、社員一人ひとりがその価値観を共有し、行動することで顧客満足度、

社員満足度の向上および社会との調和を実現する「経営の質」を基本に考えて

おります。


 この「経営の質」のもと、お客様が要求、期待する以上の「商品・サービスの質」

や、その商品・サービスをお客様の視点にたって自ら考え行動することによって

提供できる「人材の質」、そしてお客様、社員同士をつなぐ「コミュニケーションの

質」が重要だと考えています。』


長くなりましたね。後半は明日にさせていただきます。


  遠鉄グループ  http://www.entetsu.co.jp/



posted by 革新社長 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

「月初朝礼」でした。(2)

 3日に行なった4月の月初朝礼での社員表彰のお話の続きです。

当社では、業績貢献や資格取得などに対して、毎月表彰しています。

先ず業績貢献ですが、今回はチーム表彰が4件、個人表彰が3人ありました。


@OA機器営業課ですが、「パナソニックドキュメントキャンペーン」が終了し、

カラー複合機等の販売において、的確な提案活動を推進して優秀な成績を

あげてくれたことに対して表彰を行ないました。

AITサポート課に対しては、お客様の事務所移転など3月に集中した作業を、

綿密な実施スケジュールを立て、更に高度な技術力やチームワークを発揮して

無事に完了させて、お客様から感謝されたことに対して表彰をしました。

Bシステム開発の遠鉄百貨店チームと、C遠鉄ストアチームも表彰しました。

いずれも3月が納期の、かなり大きいシステムの開発・納入の仕事を、予定

通り完了し順調な稼動に結びつけてくれたことに対してのものです。


 続いて個人の部では、システム営業のM・O君を表彰しました。

彼は1年間、当社の最重要顧客であり、親会社でもある遠州鉄道の担当として

昼夜を惜しまず提案やサポート業務を行なってくれましたが、お客様からの信頼も

厚く、又、3月のお客様の事務所移転作業でも、関連した他チームやSEたちと

上手に連携して、無事に作業を完了させてくれたことによるものです。


 又、SE(システムエンジニア)のF・E君とO・Rさんも表彰しました。

彼らも日頃からしっかりとした仕事をしてくれて、同僚からの信頼も厚いのですが

今回もお客様からの要望が、スケジュール的にかなり厳しかったシステム開発の

仕事を休日返上で開発・導入し、お客様から感謝とお褒めの言葉を頂きました。


 続いて、先月に資格を取得した6名に対して表彰を行ないました。

「CompTIA A+」を取得したI・M君とアルバイトのI・M君とN・K君。

後の2人は長期のアルバイトの社員ですが当社では同じように表彰しています。

マイクロソフト社の、「MCP」を取得したS・Y君、同じく「MCSA」を取得したS・T君、

経営品質協議会の認定アセッサーの資格を取得したA・K君と6名も表彰できました。


 たまたま表彰をうけたのは上記の彼らですが、それ以外にも本当にみんなよくやって

くれています。ありがたいことです。(笑)
posted by 革新社長 at 07:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 社員・採用・育成・評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

「月初朝礼」でした。(1)

 昨日は4月の初日でしたので、月初の全体朝礼を行ないました。

それに先立ち、男性3名、女性3名の新卒社員、及びキャリア入社の男性1名の

入社式を行ないました。それぞれ前に出て挨拶をしてもらいましたが、初々しくて

いいですね。早く仕事を覚えて、お客様から信頼をいただけるようになって下さいね。

当社の総勢はこれで120名を超えました。少しずつですが大きくなっています。

仲間=同志が増えるというのは嬉しいことですよね。(笑)


 続いて全体朝礼を行ない、最初に月例表彰を行ないました。

先ず外部団体から頂いた表彰状・感謝状の授与式を行ないました。

今回は、@浜松市長さんから頂いた、「教育情報機器の整備推進についての貢献」

に対しての感謝状、

AパナソニックCCソリューションズ(株)さんから頂いた、「新商品の開発のための

フィールドテストに協力したこと」に対する感謝状、

B富士ゼロックス(株)さんより頂いた「2005年度の販売実績」に対してのトロフィー、

と3つもありました。

当社の日頃の行動や実績に対してこうして認めてもらえるというのは本当に嬉しい

ことですね。感謝、感謝です。

昨年度も地道なみんなの努力が実を結んだ、良い年だったなぁとつくづく思いますね。


 続いて、業績貢献や資格取得に対しての社員表彰を行ないました。

先ず、業績貢献でしたが、今回はチーム表彰が4件、個人表彰が3人ありました。

先月が年度末の3月でしたから、キャンペーンの締めやハード・ソフトの納品の月に

当たり、それぞれが頑張ってお客様に感謝されたことに対するものが多かったです。

詳しくは明日報告させていただきますね。


  浜松市長さんから http://katsudo.seesaa.net/article/15884399.html

  パナソニックCCソリューションズ(株)さんから http://katsudo.seesaa.net/article/15612440.html


posted by 革新社長 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員・採用・育成・評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。